ガーデニング・植物・生物

再生野菜をプランターで育ててみた

ベランダでガーデニング。

自分で育てた野菜を収穫し、緑も楽しめる。

それだけでも楽しいのに、さらなる楽しみを追求できるのが、再生野菜の栽培!一石三鳥のガーデニング、リボベジです。

買ってきて使い終わった野菜などを再び育てて収穫するという、なんともエコな楽しみです。しかも、タネより早く収穫できます!土と水とプランターがあるなら、簡単にチャレンジ可能。

今日は、私が実際に自宅のマンションのベランダでプランター栽培した「再生野菜」をご紹介します。

こんな野菜を再生栽培しました

試した野菜は、以下の通り。

1)小ネギ

2)水菜

3)玉ねぎ

4)ニンニク

5)じゃがいも

6)小松菜

注※4のニンニクと6のじゃがいもは、古くなって芽が出てしまい、そのまま食用にするにはきつかったので、土に埋めてみたものです。再生とは微妙に異なりますが、ご了承のうえお読みください。

では、詳しく栽培方法などをみていきましょう。

1)小ねぎ

すぐに育つネギ

手前写真の長いのがネギ。根っこ付きのものです。小さな入れ物には水菜を水につけてます。真ん中に幼葉が見えます。

これは一番簡単で、水につけておくだけでいいので、土に植えなくても数回収穫できます。ただし、水だとだんだん弱っていくので、長く収穫したいなら土に植えましょう。

ほぼ無限収穫


2)水菜

根っこがなくても大丈夫。普通に袋入り水菜の上の部分はそのまま使い、根元部分を水につけて発根させます。

そこそこ時間をかけて発根させるので、その間は水を変えないと腐敗の恐れあり。発根したら土に植えます。結構立派に育ちます。

根を張ると勢いが出てきます。
収穫量も多い

3)玉ねぎ

正直面倒です。。

これも根っこなしでいけます。真ん中の核の部分を2センチ四方くらいにカット、一番下を水につけて発根させます。こんなんでできる??と思いましたが、ひょっこり芽が出て、ねが出てきます。

そしたらプランターへ植え替え。すると一層元気に青い芽が伸びてきます。ただし、肝心の球根部分は以外と育たず、元のような大きな玉ねぎにはなりません。チューリップ球根より小さい。ちょっと残念。手間の割には、報われないですね。

4)ニンニク

芽が伸びてきたひとかたまりを、そのまま植えました。芽は伸びましたが、収穫には至らず。再チャレンジしてみたいです。

5)じゃがいも

これが思いの外簡単で、超オススメなんです!

本当に埋めただけ。

タネイモを切ったり、芽かきしたりせず、そのまんま丸ごと植えて、ほったらかし。枯れてきたら掘り起こします。面白いように育ち、収穫できました。

凄い勢いで成長

プランターで簡単にできたので、地植えだともっと収穫できたのではないかと思います。

新じゃが最高

6)小松菜

これが最高のコスパ野菜!再生栽培の王様だと思います。根元を切って水に挿し、少し発根させてると、株元に小さな葉っぱが出てきます。そしたら土に植えるだけ。

これで育っちゃう

びっくりするくらい簡単にニョキニョキ再生します。土に植えてからもなん度も再生してくるので、無限に収穫できそうです。肥料をちゃんとあげれば、もっとすごいことになるのでは??

何度も収穫してます

タネを買ってきて育てるより、だいぶ早く楽に収穫できると思いますので、これはお得。

失敗しても元がタダなので、何度でもチャレンジしたくなります。

今後も新しい再生野菜ワールドを開拓します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です