買い物・商品・モノ

超人気オーガニックブランド、Aesopの香水タシットの感想

オースラトリア生まれの人気ブランドAesop(イソップ)の香水を買いました。

購入した場所は、Aesop直営銀座店。こじんまりしたおしゃれな店内で、控えめな照明に照らされた、ちょっと無機質な感じのアイテムが整然と並んでいます。茶系の容器に、アルファベットの文字列だけが書かれていて、シンプルで洗練された感じのお店です。

結構値段の張るものが多いのに、若い人が多くて驚きました。ボディソープやクリームなどが人気のようで、香水はわずか3種類!

その中から、選んだのはTacit(タシット)。

「タシット」の意味は「暗黙の」とか「言葉に表さない」だそうです。

本日はこの香水のレビューを書きたいと思います。

イソップの香水ラインナップ

イソップの香水は次のラインナップ。少なくて選びやすいです!

Tacit(タシット)

Hwyl(ヒュイル)

Marrakech(マラケッシュ)

最後まで迷ったのが、マラケッシュ。独特の香りで人と被ることはまずないのでないでしょうか?オリエンタルで甘い。最初のインパクトがすごいありました。エキゾチックと感じるのは、カルダモンやクローブというスパイスのイメージがそう感じさせるではないかと。

ヒュイルも独特ですが、マラケッシュほど尖ってない。癖のない香り。嫌いではないけれど、選択肢から最初に外れました。緑の香りってわかりにくいかも。

マラケッシュはオードトワレで、ヒュイルとタシットはオードパルファム。

長持ち度はマラケッシュが短いようですが、実際つけて歩き回ってみた結果、そんなにすぐ抜けるような感じではなかったです。

イソップの香水は、ユニセックスで誰がつけても違和感なし。ちなみにうちも、家族全員で愛用しています。どれもアロマっぽい感じで性別年齢を問わずつけやすいんです。

タシットの香りの感想

さて、購入したタシットの香りについて。

最初、柑橘系の香りを強く感じました。

ファーストノートは、バーバリーのウイークエンドと似ているような感じ?

グリーン系の香りで、バジルグランベールとシトラスが爽やかと紹介されてますが、とにかくパッとつけた時に感じるのは、めっちゃ柑橘!

柚子の香り

柚子のエキスが入っているので、言われてみれば、柚子の香りが強いのかも。甘く爽やか。

ただこの香水の魅力はその後に続く、深い奥ゆかしい香りだと思います。グリーン系というか、アロマ、ハーブといった万人受けする心地よい香りが追いかけてきます。爽やかさはバジル由来。そしてそれがずっと続く。でもきつくない。

この香水を買う時、迷っていたマラケッシュとタシットを両方つけさせてもらい、1時間ほど銀座をブラブラ。そして、再度店舗に戻り香りを確認してタシットを選びました。

親切な店員さんが、そうさせてくれたのです。

その結果、なんとも居心地の良い部屋のような、品の良い爽やかさが持続して香り、それでいてシトラス系の爽やかさもうっすら香るこのタシットが一番いいねっていうことで購入に至りました。

柑橘系なので、若い人向けかなと感じますが、ハーブのようなさりげなさを併せ持っているので、年配者でも、ビジネスシーンでも、幅広く使えます。

おまけの巾着袋も嬉しい

銀座店といっても銀座シックスなど数店舗あるようですが、私がいったのは、銀座4丁目の直営路面店。BEAMSのビルの向かい側です。

見つけにくい

派手な宣伝もなく、見落としてしまいそうにひっそりとした門構え。奥まった狭めの入り口を入ると、倉庫か何かのようにたくさん整列した品物と洗面台が見えて、ああ、ここだね、って。

色々テスターを試させていただけて、購入時も現品の他に、たくさんのサンプルをいただけました。同じタシット系の香りのシャンプーやらボディソープ、クリーム。マラケシュの香水サンプル。

そして、人気の巾着袋!シンプルでちょっとした物入れに便利で重宝してます。

シンプルでおしゃれ

少し高いけれど、買ってよかったなぁと思います。

その他ラインナップはこちらAesop で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です