生活・遊び・旅行

新しくなった有馬温泉!若者にも人気

20年ぶりに有馬温泉へ日帰りで行ってきました。

以前はひなびた感のある老舗温泉でしたが、随分明るい街に変貌していました。

若者の姿も多く、活気にあふれた街に!

今回はこの有馬温泉レポートをお届けします。

 

日帰り入浴で有馬温泉@御所坊

 

阪急バスで行ける

以前は不便な場所だったので車でしか行ったことがなかったのですが、今はJR西宮駅や夙川駅からもバス一本で行けてしまうんです。40分くらいでした。

駅周辺に施設が集まっているので、熱海みたいに便利な温泉街です。坂道が多いのが熱海と違うところかな。規模もちょうどいい大きさ。

なので、徒歩で散策するにはとっても便利でいい街なんです。

まずは温泉に直行。

今回は御所坊にお伺いしました。小さくてこじんまりした風情のある旅館。

御所坊さん

以前も一度伺って非常に印象的な接客だったんで選びました。

ここの露天風呂が、カップルやご家族にオススメの特別仕様。

斬新な敷居付き男女混浴?

なんと金泉の赤いお湯は女湯と男湯が一番奥でつながっているんです!

もちろん、つながっていないお風呂もあるのでご安心。

細い通路を抜けてゆく一番奥の露天風呂で、屈まないと丸見えになってしまう浅いお風呂が、岩で仕切られているだけの混浴っぽい仕様。なので、入浴中に顔を見ながら会話ができちゃうんです。お子さんやご主人と、またカップルも入浴しながらも会話して過ごせます。貸切ではないので、周りに気を使いますが、なんとなく楽しい!

ただ、用心して座りながら移動しないと、仕切りの岩部分から見えてしまうので、女性はゆっくり進まないと危険ですので、ご注意。

今回は昼食と入浴セットにしたので、お昼はお蕎麦懐石をいただきました。自分でおろすワサビが新鮮で、美味しかったです。蕎麦はこだわりの10割蕎麦。

美味しいお蕎麦でリフレッシュ

 

 

湯本坂散策。食べ歩きも充実の路地巡り

知る人ぞ知る山椒の専門店、川上商店

昼食後は湯本坂を散策。

そぞろ歩きするのにぴったりの細い脇道が沢山で、ワクワクします。

最初に寄ったのは、有馬山椒の専門店「川上商店」。

名産の山椒を使った様々な食品が試食満載に紹介されてます。

イチオシは「てまり昆布 山椒味」!もう美味しくて!

絶品のてまり昆布。食べたら止まりません

店舗は有馬温泉近辺の3店舗だけなので、欲しくなったら直営のオンラインショップで買うしかないようです。探したけれど、どこのデパートにもおろしてませんでした。佃煮と柚子山椒コショウも買いました。

直営店はここ

そして、いただきました熱海の地ビール!

鉄砲水も魅力的ですが、ここは有名な地ビール「有馬麦酒 JAPAN ALE」をカウンターの綺麗なお店Cinq Bar du SAKEでいただきました。

 

とりあえず飲みたいてっぽう水と有馬地ビール
美しいカウンターで黄金色のエールを

 

名物の炭酸煎餅は今回パス!

そして、お香の専門店、有馬「香心堂」さんが賑わっていたので、思わず入店。

ものすごい充実したお香がお手頃値段で沢山あって、3種類も買いました。

有馬オリジナルというわけではないけど、良質なお香と、お香グッズがゆっくり見れるので、好きな人にはたまりません。

和菓子、アイスなどスイーツのお店も多く、おしゃれなカフェも沢山あります。

和菓子屋さんの店先で、焼き餅を焼いていたのでテイクアウトして、食べ歩きましたが、めっちゃ美味しかった!!イートインもあるお店で、近くで手作りしているようでした。

温泉街ってこんなにおしゃれな街でいいのか!?

と思っちゃいましたが、昔の風情のある店も。

風情のある店も沢山

行きたかったけど入れなかったのが、有馬18番

大行列の店。有馬名物がたくさん

明石焼きと兵庫フーズの美味しそうなメニューに一目惚れ。

しらす丼、明石のタコ、クラフトビール、明石焼きはもちろん、有馬焼には山椒の白醤油煮なども入っている!岩塩か出汁でいただくとか超美味しそうなラインナップ。

昨今入り混じった風情で素敵でした。若い人たちの大行列で断念。

次回は絶対入ってみたいと思ってます。

食べ歩きもよし、カフェでくつろぐもよし。迷路のような路地を歩いて面白いお店を探すのは、旅の醍醐味。情緒豊かな温泉街をぜひ散策してみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です