ガーデニング

元が取れるベランダガーデニング野菜

<<ベランダ菜園で元を取りたい>>

マンションのベランダで野菜を栽培している人は多いと思いますが、実際収穫して元が取れたなって思うのは一体何か?

以外と使えないものばっかりで、初期費用が回収できずにがっかりなんてことも多かったりします。

なので、今日はガーデニング歴10年超の経験から、プランター栽培に適しているオススメ野菜・果物を紹介します。

本格的菜園経験者は置いといて、適当に育てて、なんとか元を取りたい!って人には是非参考にしてみてください!

以下、よく栽培されるガーデニング植物をおおまかに分類してみました。

  1. ネギ、しそなどの和風香味野菜類
  2. バジル、ルッコラ、タイムなど洋風ハーブ類
  3. トマト、きゅうり、ナスなど夏野菜類
  4. ベリー類

では詳しく説明していきます。

<<育てた結果>>

1)ネギ、シソなど和風香味野菜

小ネギは最適野菜!!スーパーで購入したねっこ付きのネギ、そのまま植えるとにょきにょきと元気に再生してくれます。

しそは、以外とダメですね。育ちません。地植えでは簡単なのですが、ベランダの小さなプランターでは、以外と失敗が多い。シソって結構虫にも病気にも弱いんです。意外な結果です。

2)バジル、ルッコラ、タイムなど洋風ハーブ類

ベランダで育てるには最適のハーブ。なかでもバジルやルッコラ、タイムなどは育てやすさも抜群。水をしっかりあげればだいたいワサワサと育ちます。100円ショップで買った種でしっかり元がとれます。オススメ!見た目もかわいいし、少量でもスーパーで100円の袋で買うより、フレッシュでいいです。

ただ、アブラムシ!!結構やられるので、そこが成果の分かれ目。全滅させられたこともあります。

タイムもプランターだと結構枯れるんです・・オレガノ、ミントも同様。この小さな葉っぱたちは、虫の被害はほぼないですね。病気等々で生育途中で枯死ってのが結構ありました。

ローズマリーだけは、虫の心配はないです。ただ、少し気難しいので、小さなプランターでワサワサさせるには工夫が要りますね。地植えだと困るくらい生えますが・・苗から育てたほうがうまくいくので、そこは初期費用かかりますが、これも夏も冬も元気に葉っぱを提供し続けてくれます。劣悪な環境でも水さえあれば枯れずにキープできます。以外とよく使うハーブでお店で買ってもあまりがち。必要な分だけ、ちょっと使えるのが非常に便利です。

3)トマト、きゅうり、ナスなど夏野菜類

ガーデニングといえば、これ!必ず手を出したくなる野菜ナンバーワン!

しかし、トマト以外は元がとれるとは思いません。きゅうり、トマト、オクラ、どれも肥料食い!結構費用かかるし、手間もかかる。その割には鈴なり、てのは難しい。見た目は華やかで楽しいので、お子さんと収穫とかそういう目的ならいいのですが・・

ミニトマトはそこそこ収穫できるし、オススメ。

でも大きなプランターでしっかりとテクニックを駆使しないと鈴なりで大量収穫とは参りません。こんな感じに大量収穫を望むのであれば、ケチらずに良い苗を買うことと、あらかじめトマト用に最適にブレンドされた土を、深さのある袋や容器で育てるとうまくいきます。

 

4)ベリー類

これもやってみたくなりますよねー。

でも土壌の管理といい、肥料、水、全て面倒なので要注意。地植えなら、そこそこ簡単なのですが・・マンションのベランダだと鳥にも目をつけられやすいし、色々難しいです。木はそこそこ育ちますが、実をわんさか収穫するのは至難の技。よほど大きなプランター、鉢で条件よくそだてなければ、初心者にはハードル高い。

本などには簡単!とか書いてあるんですけどね。安定して実の収穫を確保するのは無理。ラズベリー、タイベリー、ブラックベリー、ブルーベリー、いちご。なんとかベランダで楽しく収穫したくてがんばりましたが、かけた費用の元を取るどころか、まともに収穫できた年はなかったです。すごく頑張ったんですけどね。

いちごも数粒、ラズベリーも採りたてはほんとにおいしいのですが、大きめのプランターで日照管理もしっかりやらないと難しい・・・地植えだと恐ろしい勢いで繁殖するんですけどねぇ・・ブルーベリーもしかり。多品種混合で色々植えてみたのですが、どれも花はたくさん咲いても、実りは少なく・・・マルチングやら色々土壌にも気を使ったんですけどねぇ・・

悔しいので、実家の庭に苗を植えてきました。そっちは大した世話も不要で、非常に順調に育ち毎年のようにわんさか実をつけてくれます。ブラックベリーも藪状態、ブルーベリーも大きく育ってくれてます。毎年収穫したものを冷凍してもらって、ジャムをたくさん作ってます。

やっぱり地植えできる庭っていいなぁ・・

<<ベランダ菜園、成功のコツ>>

でも、私のように狭いベランダで頑張るなら、できるだけ大きく深いプランターをオススメします。

小さなプランターに一種類づつ植えるよりも、大きなプランターにあれこれ好きなものを植えてあげる方がうまくいくと思います。いわゆる寄せ植えみたいなものです。

コンパニオンプランツといって、一緒に植えるとお互い好影響を与え合う植物とかもあるので、よく育ったりします。放っておいても思いがけずこぼれ種から生えてくるのもサプライズに楽しかったりします。

どうしても小さな鉢しか置けないなら、スリットポットがオススメです。

スリットポットの詳しい説明は→こちら

私も使ってますが、水はけがよく根の張りが違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です